魚津三太郎塾第7期
魚津市/富山大学
地域課題と企業課題を解決する地域プロジェクトの創造 いざ未来形魚津へ!

魚津三太郎塾の背景About us

課題・問題(地域・企業)

近年、世界的に自然環境への関心が高まり、企業行動や地域活動に環境の持続継続性への配慮が求められています。また、日本は人口減少時代へと突入しました。これらへの対応は、魚津地域においても重要な課題となっています。魚津市民が現在の生活水準を維持し、地域が埋没しないためには、産業界や地域のリーダーとなる人材の育成が急務と言えます。

資源・特徴

魚津市は豊かな自然(特に水資源の量の豊富さや質の高さ)に恵まれています。それは多くの市民も認識し、その恩恵を享受しています。豊富な水資源は、地形に起因すると思われます。片貝川は2,500m級の山から1,000mの深海まで、高低差3,500mを一気に流れており、その流域地域は全て魚津市内に含まれています。このような多様な環境がコンパクトに一つの市にまとまっている地域は世界的にも稀で、地域間競争が叫ばれる中、他の地域と十分に戦い得る特徴(地域資源)と言えます。

資源を使った課題解決 (経済と環境の両立)

このような、得がたい自然環境を始めとした地域資源を活用することや、地域課題を企業課題として捉え、更なる企業の飛躍を図るケーススタディを実施することにより、将来の産業界を含む地域リーダーの育成を目指します。

魚津の豊かな自然